”まあまあ自適!!” な山村の暮らしを綴っています

徹夜のたたら製鉄

昨日から24時間の徹夜でのたたら製鉄の操業が

終わった。

f:id:asmane:20170717160526j:plain

今回出来た「鉧(ケラ)鉄の塊」を正面に据えて、

参加者全員での記念撮影。

 

改修した施設の設計者の先生が、初めて「村下(ムラゲ)

技師長」を務められ、想定どうりの成果が得られ

感極まった言葉で、責任が果たせた事と重圧からの

解放を述べられたのが印象的だった。

f:id:asmane:20170717161541j:plain

f:id:asmane:20170717161634j:plain

砂鉄と炭を交互に入れて、送風して温度を高めて

f:id:asmane:20170717161739j:plain

炉を作っている粘土と砂鉄から出る不純物(ノロ)

を出しながらの作業だった。

f:id:asmane:20170717161824j:plain

女性の参加者もあり、皆さんそれぞれの作業を体験し

ながらもテキパキとした効率的な作業だった。

f:id:asmane:20170717162045j:plain

作業完了後は、炉を壊し分割して成果品の確認が出来

た。

砂鉄500Kg余り、木炭600Kg余りで製品は125Kg位との

事で、製品効率は悪いかもしれないが、玉鋼を含んだ鉧

の品質に期待がかかる。

f:id:asmane:20170717162450j:plain

今の時代、全てがデジタル化し物を作る現場が遠のいて

しまったが、こうして徹夜して鉄を作る事に面白さや興

味を持ち、女性の参加者は「出産、子育てと同じだ」と

も言っていた。

 

ちなみに今回の参加者は、夜食を含め4回の食事の提供

以外は自腹で、県外からの参加者も・・・・。

 

普段就寝につく10:00~2:00位は、頭がクラクラする

程の疲れだったが、3:00頃からは爽快感も出てきた。

 

何か魅力がある。疲れるが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする