読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
”まあまあ自適!!” な山村の暮らしを綴っています

石橋を 嗅いで渡るや ホルスタイン

ここ1週間は牛とつばめから目が離せない。

昨日朝は、牛がカブのエンジン音を聞きつけ、餌を

貰える事を認識し始めたようで、走り寄って来た。

f:id:asmane:20170509103432j:plain

しかし、沢に入らない様に電牧を張ってある所は、

日の浅い牛君達には直線を遮られ、法面の斜面は

脚力が弱く一気に登れないらしく「迷路」と感じ

ているのでは?

f:id:asmane:20170509103537j:plain

それでも青いバケツを餌入れと認識しているらし

く20分かけて、本来の餌場に誘導できた。

 

途中の沢に架けた橋を、今日初めてお姉さんが先

導しながら恐る恐る臭いを嗅ぎながら渡って来た

姿が滑稽でもあった。

だが、餌には興味が無いようで”不思議な牛”だ。

f:id:asmane:20170509103643j:plain

 

一方でつばめが心配だ。

6個の卵が巣にあるが抱卵しない?

1昨年は6羽無事に巣立ち、昨年は1回目は

5羽が無事巣立ったが、2回目に4個産卵した

まま抱卵しなかった。

チョット心配!