”まあまあ自適!!” な山村の暮らしを綴っています

薪作りと薪ストーブ

アッチ``ィ~!!

朝方友人宅へ行って、稲の収穫予定などを話しながら雑談し てお茶を飲んで帰った。 10時過ぎから昨日貰った木を薪割り機で割ったりして始末 し 貰った木の内一部、屋内にあった物には皮の間に虫がおり、 これは別に集めて 鯉の餌にした。 以前もっと大きな…

満足!満足!

今朝も蒸し暑いが、時折霧雨が降るような天気だった。 朝一で親戚等で諸々用事を済ませ、10:00頃から昨日集めた薪や 友人がシイタケ榾木に用意して余っていた物を「薪用に!」と持って 来てくれたものを割って積んだ。 ほぼ薪小屋が満杯になって「満足!満…

妙な満足感?

今日も残暑どころでない暑さだった。 昨夜近所の90歳の叔父の具合がおかしいと叔母が電話し て来て、様子を見に行くと又意識が無くなっている。 幸い診療所の看護師さんを呼んでおり、脱水状態で点滴 をしてくれた。 2時間で点滴が終わったつもりだが、半分…

採種水稲検査と薪作り

今日から8月だが、既に真夏の猛暑を充分体験しているが、 今日も高温注意報が出ている。 今日は採種水稲の圃場へ県の関係部局が来て、現地を実地 検査する。 我々栽培者も一緒になり、圃場の「しま稲」や「異品種」 があれば取り除く作業だ。 自治会内に7ha…

牛に火星大接近を教えられる?

今日も猛暑を予報しているが、薪の先が見えてきたので 運動を中止して、いつもより早く9時過ぎから木の始末を 始めた。 チェンソーで玉切りし、細い木は枠に入れてチェンソーで 3~4分割しながら始末した。 暑いので大汗をかく。 今朝の新聞で、「水分」「塩…

プロからの伝授!!

初めての逆走台風に身構えて夜を明かしたが、当地は 明け方に少し雨が降った位で暴風も無かった。 先般の被災地を通過しているが、これ以上の被害が無い 事を祈っている。 午後薪小屋の温度計を見ると22℃を表示している。 昨日と10℃以上低い、エアコンの無い…

薪作り

逆走台風が本州に上陸しようとしている。 これまでにこんなコースを辿った台風があっただろうか? なんでもありの世の中になったのか? 先般の豪雨被害地への影響がない事を祈るのみだ。 天気は良いが若干昨日までとは気温が低い感じがあり、 来年以降に使う…

真夏の薪割り

今日も猛暑で、東日本では41℃を超え連日命に危険が 及ぶと警報を出している。 朝食後運動をし、10時前から2~3日前に刈っていた家の 周囲の草を集めて牛に運んでおいた。 草を集めていたら薪小屋の近くに1本ある「ブルーべリー」 の実が食べ頃になっていて熟…

薪ストーブ掃除

今日も猛暑だ。 暑さで命に危険があると連日警報を出している。 例年より1ヵ月遅れの薪ストーブと煙突掃除に取り掛かった。 炉内の灰がバケツ1杯あるが、大雨が続いた割りには、例年 の様に湿気を吸っていない様だ。 天板を外し灰を取り 10:00になって休憩…

薪運びと炭焼きの仕上げ

今朝6:00頃、炭窯の煙を見ると未だ勢いよく白い煙が 上がっている。 煙の温度は200℃を超えて来たので、そろそろ完成が近付 いてきている。 運動をしてから、昨日の続きで薪を運びに行った。 樹種はニセアカシアや柏木、ねむの木の様で径が大きので 現地で玉…

諸々で有難い一日

今朝は昨日再点火した炭窯の状態が気に掛かり、5時に は目が覚めた。 夕べ20:00頃には、炭窯そのものの煙突から煙が出なく 失敗か? と案じて寝たので、今朝勢いよく煙突から煙 が出ており一安心だった。 煙の臭いや温度から推測するに、3月に失敗した後…

炭焼き修正

今日は予てから気に掛かっている、春先の炭焼きが 不完全燃焼で終っている物の修正をした。 入口の壁を壊して中を見る。 入口の本来は完全燃焼しているはずの木が燃えていない。 しかし、その木の裏はかなり燃えて一部炭化している。 しかし、本来良質の炭に…

わらしべ長者?

午前中は歯科医院と乗用車のタイヤ交換に出掛けた。 歯科は先日外れたブリッジを2回で治療して貰った。 乗用車も先日車内のパネル交換をした際、前輪のサイドの 溝が無く「販売店として、これを注意せず乗ってもらう事 は見過ごせない!」と指導された。 こ…

妙な満足感

朝食後毎日の日課の運動を終えて、新聞を読んでいたら 携帯電話で呼び出しがあった。 田植の準備で苗を運んでいた運搬車が、田圃に落ちた らしい。 確かにこの手の4輪運搬車は曲がりずらい。 その上落とした運搬車は、ブレーキも効きにくかった と言っていた…

2匹目のモグラ

今朝は水を張った水田が、鏡のように青空と新緑の山々 を写していた。 空気も凛として美しい。 田植まで未だ間があり、友人の都合も空いているとの事 で、昨年伐採していた樫木を取り出しに10:00過ぎから 山へ入った。 空気が爽やかで、未だ虫も目の前に飛…

快適な晴天

今朝も寒く、薪ストーブを焚いた朝だった。 作業場の前の電線に2羽のつばめが止まっていて、時々 作業場の営巣場に入っている。 午後巣に新たに1㎝程度土を盛り上げている。 昨年の今頃は、既に6ケの卵を抱卵していたが・・・ いつから産卵を始めるのだろう…

寒いね~!

今朝も気温が低く、薪小屋の温度計が5.5℃を表示している。 午前中に来訪者との挨拶が「寒いね~!」 朝からストーブを焚いて終日焚いていたが異常だ。 午後知人が仕事で使う道に伐採された木があり、邪魔に なるので持って来てくれた。 軽トラックに2台分を…

自立を始めた牛

牛を放牧して3日目になり自立を始めた様だ。 飲用水の水槽も分かった様で、飲んで水量が減るとフロート が下がり水が出る音にも驚いていたが慣れた様子だ。 昨日からは、持って行った草も無くなり自生する草を食べざ るを得なくなっている。 見ていると上手…

春の陽気

昨夜はオリンピックの女子団体追い抜きとカーリング をテレビで応援した。 この笑顔が出ると好調の様だ。 作戦を話し合う「うん!」「そうだね」 「そうする!」 とか若干訛りのある会話に好感が持てる。 最後の1投で決まったが、こちらも興奮して寝付きが …

再びの寒波

今朝起きると、又雪が降り始めて夕方には時折 吹雪いている。 天気予報では今日の夕方から雪になると思って いたが だんだん気温も下がりー3.5℃になっている。 午後友人が薪の水分を測って欲しいとやって来た。 ストックしていた薪が残り少なくなり、昨年秋…

薪ライフ バンザイ!!

今日も終日氷点下で、朝50Cmの積雪だったが 昼間も時折強く降り、夕方60Cmになっていた。 朝食後、叔父宅へ除雪に行き帰って庭回りの除雪をした。 母屋の犬走の雪を掃い 10Cm程度の積雪だったので、スノーダンプで玄関前 を除雪した。 数年前までは、全てこ…

杉葉拾いと薪割り

今日は晴れ間も見える暖かい日だったので、 秋に集めた杉葉が残り少なくなり、裏山へ 杉葉拾いに行った。 私は薪ストーブを設置して8年目になるが、着 火には紙を使わず、杉葉→小割竹→枝木→薪の 順に燃やしている。 この杉葉は着火にもってこいで、風呂の焚…

仕事始めと夕暮れ

一般世間の今日が仕事始めにあやかって、薪小屋の 補修をした。 午前中は小雪が舞い寒かったが、午後になり陽が射 し始め、1区画の薪を使い切ったので底板を補修した。 全面に板を張らずに、空気の動きがある方が良いと 考えスノコ状にしていたが、木屑や虫…

薪作りの奥深さ

当地で全く雪の無い正月は何となく落ち着 かない。 県境の雪の見える山に太陽の陽が射し、北 側の山も雪は見えない穏やかな正月の風景だ。 薪小屋の1区画分がほぼ無くなってきた。 平成27年6月に積替えた薪は、薪小屋にやたら 詰め込み過ぎていたため、中心…

薪小屋と地産地消

本格的な寒さで、薪ストーブが大活躍し 薪小屋が少し空いてきた。 この場所の薪は、楢や桜で樹種も伐採時期 も最良の物だ。 この薪小屋を作った当初に薪を詰め込み過 ぎて、1年経過して使おうとしたら中心はカビ が生えて、乾燥していない状態だった。 スト…

ストーブあれこれ

友人が石油ストーブを求めており、使わなく なった物があり引き取ってもらった。 友人が設置する場所のサイズから、右側の幅の 狭い方がぴったりで、30年前に購入したもの だった。 7年前に薪ストーブにしたら、石油ストーブは 必要なくなり、灯油も抜い…

薪の材質

昨年春に積んだ薪小屋の薪を焚き始めている。 薪としての条件は最良の物で秋に伐採し、1年半乾燥さ せた物だ。 出来るだけ大きく割って積んだ物だ。 シーズン初めはハデ木の杉などを焚いていたが、今は 楢が主だ。 杉は火付きが早く温度もすぐに上がる。 楢…

薪小屋の薪と林内作業車

11月になったので、薪小屋の薪を使い始める。 10月中旬から朝晩焚き始めて、寒さが進むにつ れて徐々に薪ストーブが燃えている時間も長くなって 来ている。 薪はこれまでは火持ちの短い、ハデ木などの杉や栗 などを主に使っていた。 この薪小屋は2年前…

薪ストーブピザ

今年初の薪ストーブでピザを焼いた。 朝から雨が降り少し寒いので、5時過ぎに点火し トロトロと燃やしていた。 午前中は来客があり、午後友人に用事があり薪ストーブ の火加減も良かったので数分で焼ける。 ピザは市販の冷凍物を買ってきていたが、薪ストー…

薪ストーブの季節到来

雨が降り、気温も下がってきているので ほぼ終日薪ストーブを焚いた。 外気温は15℃を指していて、変動の無い気温 だったので薪ストーブを焚いていても違和感 は無く、友人が来てやっぱり薪ストーブの暖 かさに改めて感嘆していた。 薪は未だそんなに火力は必…